サプライチェーンとのかかわり

CSR調達の推進

新日本無線グループは、「新日本無線グループサプライチェーンCSR推進ガイドライン」(以下、「CSR推進ガイドライン」という)を定め、CSR調達を推進するにあたり、サプライヤーのCSR推進状況をアンケートで確認するなど、「サプライチェーンにおけるCSR調達の推進」を図るためのPDCAサイクルを構築しています。

CSR調達を推進するためのPDCAサイクル

CSR調達アンケートの実施

新日本無線グループは、サプライヤーへのCSR調達アンケートを隔年ごとに実施しております。
また、新規サプライヤーに対しても取引開始前にCSR調達アンケートを実施しております。内容は、CSR推進ガイドラインに沿った設問のほか、生物多様性保全への対応、二次サプライヤーへの対応についてなど多岐にわたっています。


CSR調達アンケートの評価とフォローアップ

2016年度はアンケート評価の結果、フォローアップが必要と判断されたサプライヤーに対して、「CSRに対する取り組み強化」のご協力をお願いしました。
また、今後の取り組みとして、サプライヤーへの訪問調査を行ない、パートナーシップの強固な関係構築・相互理解・信頼関係の下、安定的かつ継続的な事業活動が行えるよう、CSR調達への取り組みを推進してまいります。

新日本無線グループ調達基本方針

  • オープン・ドア・ポリシー
    • 自由競争の原則により、オープンで公平、公正な購買・外注活動に努めます。
  • パートナーシップ
    • 健全な取引関係を通じた対等なパートナーとして、お取引先と共に発展、成長したいと願っております。そのために、より緊密なコミュニケーションを通じ、相互理解、信頼関係を深めていくよう努力します。
  • 法令順守・機密保持
    • 法令を順守することはもとより、社会規範を尊重し、良識ある購買・外注活動を推進します。また、取引を通じて知り得たお取引先の秘密情報は、適正に管理し、お取引先の承諾なしに外部に対して開示することはありません。
  • グリーン調達
    • 地球環境保全のために、環境に優しい調達に取り組んでいきます。
  • CSR
    • 当社は、CSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)への取り組みを全社的に推進しています。そのため、購買・外注活動についてもCSR調達を進めていきます。
協力会社とのかかわり  ~パートナー・アワード授賞式~

佐賀エレクトロニックスは、2016年5月、事業に貢献していただいたパートナー様に感謝の意を表す、"パートナー・アワード"の授賞式を開催いたしました。

受賞された㈱ワールドインテック様(右側4名様)
受賞された㈱ワールドインテック様(右側4名様)

この賞は、2016年度より制定され、第1回は、株式会社ワールドインテック様を選出させていただきました。

請負業である同社は、「品質クレーム発生無しならびに従業員の出勤率に多大な影響が出た大雪の日の高出勤率による生産対応」を評価させていただきました。

授賞式は、株式会社ワールドインテック様を佐賀製作所にお迎えし、和やかな雰囲気の中、記念品贈呈ならびに記念写真撮影を行いました。

サプライヤーの皆さまとは、これからもより良きパートナー関係を構築し、共存共栄を図ってまいります。



紛争鉱物への対応

新日本無線グループは、顧客の皆さまに、安心して当社製品をご利用していただけるよう、「新日本無線グループ紛争鉱物方針」を制定し、当グループおよびサプライチェーンにおける紛争鉱物(紛争や人権侵害などに関わる武装勢力の資金源となる鉱物:タンタル、すず、金、タングステン)の不使用に向けた取り組みを行っています。紛争鉱物の対応についてはCSR調達の一環として「新日本無線グループサプライチェーンCSR推進ガイドライン」にも盛り込み、サプライヤーの皆さまに協力を要請してまいります。

新日本無線グループ紛争鉱物対応方針

新日本無線グループは、コンゴ民主共和国および周辺諸国で産出され、紛争や人権侵害などに関わる武装勢力の資金源となる鉱物(紛争鉱物)を製品に使用しない方針です。

また、取引先(サプライヤー)の皆様にも、サプライチェーンにおいて紛争鉱物を使用しないよう要請してまいります。

ページトップへ