従業員とのかかわり

ヘルシーカンパニーへの取り組み

新日本無線グループは、2016年4月に「ヘルシーカンパニー宣言」を発表し、「従業員および組織の健康が全ての基盤」であるとの認識の下、「いきいき」とした従業員が「わくわく」して働ける企業グループを目指した健康経営をスタートさせました。

新日本無線は、その一環として受動喫煙対策を行いました。具体的には、中期的な建屋内禁煙実施に向けた取り組みの第一歩として、従来の「空間分煙」に加え、新たに「時間分煙」を導入し、就業時間中の喫煙可能時間を限定するとともに、喫煙者に対する卒煙プログラムを実施しました。これにより、当社の喫煙者の割合が1年間で約4%減少しました。

その他にも、運動習慣付けの施策「+10ウォーキングチャレンジ」やストレスチェックを活用した組織活性化対策など当社独自の取り組みを行っています。

これらの取り組みが評価され、(株)日本政策投資銀行が実施する「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」の評価において最高ランク(Aランク)を取得するとともに、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人2017(大企業法人部門)~ホワイト500~」に認定されました。

DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付
DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付
健康経営優良法人2017(大企業法人部門)~ホワイト500~
健康経営優良法人2017(大企業法人部門)
~ホワイト500~

新日本無線グループヘルシーカンパニー宣言

新日本無線グループは、

Healthy Company.

「従業員および組織の健康が全ての基盤」であるとの認識の下、

従業員と職場の健康が第一の風土形成、

支援制度・教育機会の充実を通じて、

従業員の幸せと、社会とお客様の期待に応えることのできる企業グループを目指します。

ダイバーシティの推進

新日本無線では、以前より身体障がいの方を継続的に雇用し、川越製作所内の軽作業に従事していただいています。

しかしながら、従来の採用形態では、障がい者の方の業務範囲拡大が図れない、また定着率も良くない状況となっています。

そこで、これらの問題点を解消し、さらに障がい者の方をより多く安定的に雇用できる環境を構築するため、2017年6月1日、川越製作所内に「ソーシャル・オフィス」を開設しました。

ソーシャル・オフィスとは、障がいのある方と研修・業務支援などを専門とするスタッフで構成され、オフィスの開設に合わせて新たに採用した3名の障がい者の方とスタートしました。

今回、入社された3名の方がソーシャル・オフィス一期生として、長きにわたって活躍していただけるようサポートしていきます。

事務所内
事務所内
研修・業務支援 専門スタッフ
研修・業務支援 専門スタッフ
安全衛生の推進

グループ安全衛生方針

私たち新日本無線グループは、「安全と健康は全てに優先する」との原則に基づき、従業員の理解と協力の下、安全衛生活動を適切に運用することにより、安全で快適な職場の確保と従業員の健康増進に継続的に取り組みます。

  • 安全衛生関連法規および安全衛生活動の基本となる安全衛生管理規程を順守します。
  • 安全衛生活動年度毎に目標を設定し、安全衛生水準のさらなる向上を図ります。
  • 4S、ヒヤリハット、リスクアセスメント等の安全衛生活動を推進し、潜在的な不安全状態の撲滅に努めます。
  • 従業員の自主的な心とからだの健康づくりを積極的に支援します。
  • 安全衛生教育を計画的に実施し、安全と衛生に対する従業員の意識向上を図ります。
  • 安全衛生方針は従業員に周知すると共に一般に公開します。

新日本無線グループは、「安全と健康はすべてに優先する」という原則に基づき、すべての従業員が安全衛生の重要性を認識し、設備・職場環境および作業方法の改善活動により安全で快適な職場づくりに取り組んでいます。

階段注意表示
階段注意表示

さらに「グループ安全衛生方針」「グループ安全衛生目標」を制定し、グループ内で統一された安全衛生活動を推進するとともに、グループ内の情報共有化により、グループ全体の安全衛生水準の向上を図っています。

2016年度は、各事業所において「部門長による自部門巡視」「装置の再点検実施」「危険個所の点検」などを実施し、安全で快適な職場環境の推進を図りました。

川越製作所では、階段での転倒事故防止のため、部門長による階段利用時のマナーチェックとともに階段利用時の注意表示を行い、従業員に注意喚起を促しました。

また、新日本無線グループの無災害記録(※)では、エヌ・ジェイ・アール福岡1,745日、佐賀エレクトロニックス1,444日と2社が1,000日を超えて操業しています。(2017年3月末時点)


※無災害記録:業務上の死亡または休業災害が発生していない連続日数記録


THAI NJRでは、タイ政府(労働省)による安全衛生に関するコンテストにおいて、2016年度で13年連続となる「National Occupation Safety and Health Award」を受賞しました。表彰式は、タイ全国安全週間の6月にバンコクで開催され、労働大臣よりトロフィーが授与されました。

表彰会場には各社のブースが出展され、安全衛生に関する取り組みが紹介されました。

表彰式
表彰式
トロフィー
トロフィー
ページトップへ