社長挨拶

  
μ&μ

社会の期待と顧客の期待の適合における
中心的役割を果たすことによって、健全な社会成長の一助となる

独創的「マイクロエレクトロニクスとマイクロウェーブ」技術を軸とした
最適部品の提供を通してコーポレートミッションを実現する


代表取締役社長 小倉 良

代表取締役社長の小倉でございます。


新日本無線グループは50年ちかくにわたり、マイクロエレクトロニクスとマイクロウェーブ、この二つの技術を軸とした部品を世の中に提供してまいりました。

マイクロエレクトロニクス技術は、これまで主に「半導体」事業に活かしてまいりましたが、2013年度より「FORWARD20」として従来なかった製品群に取り組んできたことで、「半導体」のカテゴリーだけでは収まりきらなくなってまいりました。そこで、この2014年4月1日より、今までの「半導体」セグメントを「電子デバイス」に変更し、電子部品全般にマイクロエレクトロニクス技術を活かしていくことといたしました。


2013年度は新分野、新技術での事業拡大を目論んだ「FORWARD20」戦略が実を結んだことにより、MEMS、SAWフィルタ等の新規事業が大幅に伸び、増収、増益に大いに貢献しました。また、これら新規事業の拡大の中で、従来はお付き合いのなかったお客様からのニーズも伺うことができるようになり、新日本無線グループの新たな可能性、ビジネスチャンスも生まれてきております。

今後も「半導体」のみならず様々な分野で、今まで培ったものづくりの技術を活かし、世の中に必要とされる製品をタイムリーに提供してまいります。


さらに、もう一つの軸であるマイクロウェーブ技術でも同じように新たな取り組みを始めており、新分野、新技術での事業拡大を図ってまいります。

成長し続けるためには、従来からご愛顧いただいている製品をベースに、常に新たなチャレンジをし続けることが必要と信じ、今後も業績の拡大に努めてまいります。


これからの新日本無線グループにご期待ください。

ページトップへ