資源の有効利用への取り組み

新日本無線グループは、事業活動に伴う環境パフォーマンスの継続的向上を図るため、資源の有効利用に取り組んでいます。


水使用量の管理

私たちが事業活動で使用する水の多くは地下水であり、上水道と併せて、電子デバイス製品の製造工程で使用する純水、設備の冷却水、空調用の温調用水などとして使用しています。

限りある水資源を有効活用するため、使用量や排出量の推移を把握するとともに、継続的に使用量削減や再利用に取り組んでいます。

2016年度、地下水汲み上げによる地盤沈下等、環境への悪影響はありませんでした。


■水使用量
水使用量
■水排出量
水排出量
廃棄物排出量の推移

廃棄物排出量の抑制および再使用・再資源化に取り組むため、廃棄物排出量やリサイクル率の推移を把握するとともに、継続的に廃棄物の削減や従業員への分別方法の周知徹底を図っています。

2016年度、廃棄物に関する法規制違反および事故の発生はありませんでした。


■廃棄物排出量
廃棄物排出量
■リサイクル率
リサイクル率
ページトップへ